「油膜」と「ウロコ」の違いを理解しよう!車のガラス汚れをプロが解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

車のガラスに油膜やウロコが付着していると、視界が悪くなり運転がしにくいですよね。特に夜間ですと、油膜やウロコのせいで、対向車線や街の明かりでガラスが白く光ってしまい、視界がかなり悪くなります。

「油膜」と「ウロコ」の違いをご存知ですか?

油膜とウロコはどちらもガラスに付いた汚れのようなものという認識はあると思いますが、これらはどのような違いがあるか皆さんご存知でしょうか。

油膜は車のガラス表面に付着した油や汚れが薄い膜となって形成されるもの。
ウロコ汚れは、ガラスに付着した小さな鱗状の汚れ。

簡単に説明すると、油膜とウロコは上記のような違いがあります。

この記事では、油膜とウロコの違いについて詳しく解説し、効果的な取り除き方法を紹介します。

目次

車のガラス汚れについて

車のガラスを綺麗に保つことは、視界を確保するために非常に重要です。しかし、油膜やウロコの汚れが付着すると、運転中の視界が悪化します。

特に夜間は、ガラスに油膜やウロコが付着していると、対向車のライトなどでガラスが白く反射してしまい視界がとても悪くなり危険です。

油膜やウロコがガラスに付着した状態での走行はとても危険なので、視界が悪くなる前に定期的にガラスの清掃を行うと良いです。

油膜取りの基礎知識

  • 油膜は、車のガラスに付着した油や汚れが薄い膜となって形成されるものです。
  • 油膜があると、日中の光や夜間の車のライトが反射して視界を妨げます。
  • 日常的なケアで油膜を防ぐことが大切です。

油膜の特徴ですが、滑らかで均一な膜状の汚れです。ガラスに指で触れても、油を触っているような感触があり、滑らかに感じます。日中の光や夜間の車のライトが反射して視界を妨げます。

油膜は食器用洗剤や、カー用品の油膜除去剤を使うときれいに落とすことが出来ます。

ウロコ取りの基本:ウロコ汚れとは何か?

  • ウロコ汚れは、ガラスに付着した小さな鱗状の汚れです。
  • ウロコがあると、視界がぼやけて見え、運転の安全性が低下します。
  • ウロコ汚れを放置すると、ガラス表面に傷がつくこともあります。

ウロコの特徴ですが、小さな鱗状の汚れで、ガラス表面に凸凹があります。ウロコがガラスに付着していると視界がぼやけて見え、運転の安全性が低下します。

ウロコが付着している状態で放置しますと、ワイパーを使用した時や窓拭きの際に傷をつけてしまうことがあります。

ガラス面の汚れを水拭きで落とし、ガラス研磨剤をスポンジに付着させてウロコを擦り取る。その後水拭きして確認するのがおすすめです。

油膜とウロコの違い:見分け方とそれぞれの対策

  • 油膜は滑らかで均一な膜状の汚れです。ウィンドウに指で触れても滑らかに感じます。
    • 油膜取りの方法:中性洗剤やウーロン茶を使って拭き取りましょう。
  • ウロコは小さな鱗状の汚れで、ガラス表面に凸凹があります。
    • ウロコ取りの方法:重曹や専用のウロコ取り剤を使用して取り除きます。

【まとめ】油膜もウロコもスッキリ!クリアな視界を取り戻そう

  • 定期的なガラス清掃を怠らずに、油膜とウロコを防ぎましょう。
  • 車のガラスをクリアに保つことで、安全な運転環境を実現しましょう。

油膜やウロコを付着するのを防ぐには

  1. 定期的なガラス清掃:ガラス面を適度にマイクロファイバークロスなどで水拭き、専用の窓拭き洗剤を使用して汚れを落としましょう。
  2. 窓ガラスコーティング:ウロコを防止するために窓ガラスコーティングを施工しましょう。コーティングをすることで汚れ・油膜が付着しにくくなります。
  3. ウォッシャー液を使用しない:ウォッシャー液はウロコの原因になりますので、ウォッシャー液の使用はなるべく避けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次