\ ポイント最大9倍! /

【意外な結果】雨の日に洗車するとどうなる?雨の日洗車のメリットデメリット

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

雨の日に洗車をするとどうなるのか

一般的に、雨の日に洗車をすることは行われないか、避けられることが多いです。しかし、実際には雨の日に洗車をすることによって、意外な結果が生じる場合があります。

雨の日に洗車をすることに対する一般的な見解は、雨が自然な洗浄作用を持つため、洗車を行う必要がないというものです。しかし、実際には雨の日に洗車をすることで、意外な結果が生じる場合があります。この記事では、その理由や効果、注意点について詳しく解説します。

雨の日に洗車をするメリット

まず、雨の日に洗車を行うことのメリットについて解説していきます。

雨水には大気中の微小な汚染物質が含まれています。これらの微粒子が雨滴とともに車体に当たり、汚れを洗い流す作用があります。特に、乾燥した日に降る雨は、車の表面に付着した埃や泥を効果的に洗い流す傾向があります。そのため、一見すると雨の日に洗車をすることで、車が自然にきれいになるかもしれません。

雨水で完全に汚れを落とし切るのは不可能です。頑固にこびりついた汚れはそのまま残ってしまいますが、付着したばかりの砂や泥、ホコリなどはある程度落とすことが出来る可能性があります。

雨の日に洗車をするデメリット

しかし、雨の日に洗車を行う際にはいくつかの注意点(デメリット)があります。

デメリット1つ目は、洗剤やウォッシュミットを使用する場合、雨水によって洗剤が希釈されてしまう可能性があるため、洗浄効果が低下することが考えられます。また、雨の中での洗車作業は安全性に関する懸念があります。滑りやすい路面や視界の悪さなど、洗車作業に支障をきたすリスクがあるため、慎重な作業が必要です。

雨で自分自身も汚れてしまう、濡れた路面で滑って転ぶなど安全面でも注意が必要

さらに、雨の日に洗車を行った後の乾燥についても考慮する必要があります。雨の後、車体に水滴が残ってしまうと、乾燥する際にウォータースポットや水垢が残る可能性があります。特に、水道水中のミネラル成分が車体に付着してしまうことで、水垢が生じやすくなります。そのため、雨の後はエアブローなどを使用して車体を十分に乾燥させることが重要です。

ウォータースポットは、水滴が乾燥した後に車の表面に残る、白っぽいあるいはくすんだ円形の斑点や痕跡のことです。これは、水滴に含まれるミネラル成分(主にカルシウムやマグネシウムなど)が蒸発して残ったものであり、車の表面に付着することで生じます。

このように、雨の日に洗車をすることで得られる効果や注意すべき点があります。洗車の際には、天候や環境に応じて適切な判断を行い、車体をきれいに保つための最善の方法を見極めることが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次