アクリル・プラスチック板をカットするに必要なモノ。厚い板は普通のカッターじゃ切れない!

DIY

皆さん、こんにちは。HIMAJINです。

本日もDIYに関するネタを書いていこうと思います!

 

アクリル板やプラスチック版をカットするには何を使えばいいの?

 

アクリル・プラスチック板を奇麗にカットするには、どんな道具を使えばいいのでしょうか?これらの板をカットしたことがある人はそんなに多くないはず。カットする方法として、カッターやノコギリなど色々方法はあります。

 

最近では、アクリル板を使ってパーテーションを作る方も増えています。私も趣味でアクリル板を加工して、収納ケースなどを作製したりしています。

 

今回は、アクリル・プラスチック板のカット方法について紹介していきます🔧

 

厚さ0.5mm以下ならはさみorカッター

 

 

0.5ミリ以下のかなり薄い板の場合は、はさみが一番切れやすいでしょう。

まっすぐ直線カットをしたいのであれば、カッターナイフを使うのも良いでしょう。

 

刃の切れ味によって切りやすい・切りにくいが出てきますので、なるべく切れ味が良いものを使用してあげると奇麗に切れますよ!

厚さ1mm以下なら普通のカッター

 

 

厚さ1mmより薄い板を切るならば、普通のカッターナイフでカットできます。アクリルやプラスチックは紙よりも固いですので、複数回刃で切れ目を入れてカットします。

 

なかなかカットできない場合は、ある程度切れ目を入れてから折り曲げて割ると奇麗にカットできます。板厚の3分の1くらい切れ目を入れてあげるとうまくいきます。

 

厚さ2mm以上の場合

 

板厚が2ミリ以上になると、はさみや普通のカッターでは切ることが出来ません!これらの道具で無理に切ろうとすると、板が割れますし怪我をする可能性があります。

 

安全第一だね!

 

板厚2mm以上のプラスチック・アクリル板をカットするには、「プラスチックカッター」を使用しましょう。

 

プラスチックカッターは、刃先が特徴的な形をしています。とがった部分で、少しずつ溝を作っていき最後は板を割ってでカットする方法です。

下の写真のように、少しずつ板に溝を掘っていきます

 

 

板厚3分の1以上の溝を掘ってから、板チョコを割るようにパキッと割ってあげます。この時、溝が浅いと変な方向に割れてしまったりするので注意しましょう。

 

 

手でつかめないサイズの場合は、ペンチを使うと便利!

プラスチックカッターを使ったカットについては、以下の記事で詳しく紹介しています!

 

 

プラスチックカッター以外にも、カットする方法はあります。プラスチックカッターよりも簡単にカットすることが出来ます。カッターを使うのが苦手な方は、ホットナイフを使ってみると良いです!

 

・ホットナイフとは?

 

 

ホットナイフは、板を溶かして切断していく道具です。はんだごての先端がナイフになっていて、プラスチックカッターよりも簡単に切断することが出来ます。

 

また、曲線カットや板以外の形状の物もカット出来ます。カッターに使い慣れていない方は、ホットナイフを使った方が簡単・きれいにカットできるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、アクリルやプラスチックカッターを切断するときに必要な道具とその方法について紹介してきました。板厚によって道具を使い分けると、奇麗にカットすることが出来ます。

 

直線カットの場合
はさみ カッターナイフ プラスチック

カッター

ホットナイフ
板厚0.5mm以下
1mm以下
2mm以上

 

ホットナイフで薄い板を切ろうとすると、板厚が薄すぎて広範囲が溶けてしまったり、焦げてしまう場合があります。また、曲線カットする場合は以下の表の通りです。

 

曲線カットの場合
はさみ カッターナイフ プラスチック

カッター

ホットナイフ
板厚0.5mm以下
1mm以下
2mm以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました