プラスチック段ボールで断熱効果抜群のDIYアイデア3選!プラ段は断熱性能が凄い!

当ページのリンクには広告が含まれています。

はじめに:冬の寒さが厳しくなると、家の中でも冷えを感じますよね。特に床や窓は冷気が入りやすく、暖房をつけてもなかなか温まりません。そんなときにおすすめなのが、プラスチック段ボールを使った断熱対策です。プラスチック段ボールは、軽くて丈夫で安価な素材ですが、実は断熱性能も高いんです。

プラスチック段ボールを使って、簡単にできるDIYのアイデアを紹介します。これで、冬の寒さを乗り切りましょう!

目次

プラスチック段ボールの断熱性能とは?

出典:Amazon

プラスチック段ボールとは、ポリプロピレンやポリエチレンなどのプラスチックを加工して作られた段ボール状の素材です。紙製の段ボールと比べて、以下のような特徴やメリットがあります。

プラダンのヤマコー
¥2,880 (2024/02/05 00:02時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

プラスチック段ボールの特徴とメリット

  • 耐水性や耐油性が高いので、水や油に濡れても変形しにくい
  • 耐久性や強度が高いので、繰り返し使える
  • 軽量で切りやすいので、加工しやすい
  • リサイクル可能で環境に優しい

プラスチック段ボールの断熱性能を示す指標の一つに、熱伝導率というものがあります。

熱伝導率とは、物質が熱を伝える能力のことで、単位はW/mKです。熱伝導率が低いほど、熱を伝えにくく、断熱性能が高いと言えます。プラスチック段ボールの熱伝導率は、約0.05W/mKという低い値です。

これは、紙製の段ボールの約0.1W/mKや、木材の約0.2W/mKよりも低いです。つまり、プラスチック段ボールは、紙製の段ボールや木材よりも、熱を伝えにくく、断熱性能が高いと言えます。

プラスチック段ボールの断熱性能をさらに向上させる工夫

プラスチック段ボールの断熱性能をさらに向上させるためには、以下のような工夫や方法があります。

  • プラスチック段ボールの厚みや重ね方を工夫する:プラスチック段ボールの厚みが厚いほど、熱を伝えにくくなります。また、プラスチック段ボールを重ねるときに、空気層を作ると、空気が熱を遮断する効果があります。空気層を作るには、プラスチック段ボールの波形の部分を合わせるように重ねると良いです。
  • プラスチック段ボールの表面をアルミホイルやビニールで覆う:プラスチック段ボールの表面をアルミホイルやビニールで覆うと、熱の放射や対流を防ぐことができます。アルミホイルは、熱を反射する効果があります。ビニールは、熱を透過しにくい効果があります。どちらも、プラスチック段ボールに接着剤やテープで貼り付けるだけで簡単にできます。
  • プラスチック段ボールの隙間を埋める:プラスチック段ボールで作ったものに隙間があると、そこから熱が漏れてしまいます。隙間を埋めるには、新聞紙や布などを詰めると良いです。これらの素材も、熱を伝えにくい性質があります。

プラスチック段ボールは、軽くて丈夫で安価な素材ですが、実は断熱性能も高いことがわかりました。

プラスチック段ボールの熱伝導率は、紙製の段ボールや木材よりも低く、発泡スチロールやウレタンフォームといった専用の断熱材にも劣りません。プラスチック段ボールの厚みや重ね方、表面の処理、隙間の埋め方などを工夫すると、さらに断熱性能を高めることができます。

プラスチック段ボールで作る断熱マットの作り方

出典:Amazon

プラスチック段ボールで断熱マットを作ると、どのような効果があるのでしょうか?プラスチック段ボールで断熱マットを作ると、以下のようなメリットがあります。

  • 床やベッドの冷えを防ぐ:プラスチック段ボールで断熱マットを作って、床やベッドに敷くと、冷気が伝わりにくくなります。これにより、足元や体全体が温かくなります。冬場の寝苦しさや風邪の予防にもなります。
  • 冬場の暖房費を節約する:プラスチック段ボールで断熱マットを作って、床やベッドに敷くと、暖房の効率が上がります。これにより、暖房の温度や時間を下げることができます。冬場の電気代やガス代を節約することができます。
  • リサイクルに貢献する:プラスチック段ボールで断熱マットを作ると、不要になったプラスチック段ボールを有効に活用することができます。プラスチック段ボールは、リサイクル可能な素材ですが、そのまま捨てると環境に悪影響を与えます。プラスチック段ボールで断熱マットを作ることで、環境に優しい行動をとることができます。
  • プラスチック段ボールで断熱マットを作る手順を写真付きで解説する
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

プラスチック段ボールで断熱マットを作るには、以下のような材料や道具が必要です。

  • プラスチック段ボール:床やベッドのサイズに合わせて、必要な枚数を用意します。厚みや色はお好みで選びます。
  • アルミホイル:プラスチック段ボールの表面を覆うために、必要な分だけ用意します。アルミホイルは、熱を反射する効果があります。
  • 接着剤やテープ:プラスチック段ボールとアルミホイルを貼り合わせるために、必要な分だけ用意します。
  • ハサミやカッター:プラスチック段ボールを切るために、必要な分だけ用意します。

プラスチック段ボールで作る断熱マットの作り方手順

プラスチック段ボールで断熱マットを作る手順は、以下のようになります。

  1. プラスチック段ボールを床やベッドのサイズに合わせて切ります。必要なら、複数枚を重ねて、厚みを増やします。重ねるときには、プラスチック段ボールの波形の部分を合わせるようにして、空気層を作ります。
  2. アルミホイルをプラスチック段ボールの表面に貼ります。接着剤やテープを使って、しっかりと固定します。アルミホイルは、プラスチック段ボールのサイズよりも少し大きめに切っておきます。アルミホイルの端をプラスチック段ボールの裏側に折り込んで、隙間ができないようにします。
  3. プラスチック段ボールで断熱マットが完成しました。床やベッドに敷いて、使用します。

プラスチック段ボールで断熱マットを作る際に気をつけるべきこと

プラスチック段ボールで断熱マットを作る際に気をつけるべきことを紹介します。

  • プラスチック段ボールの表面を滑りにくくする方法:プラスチック段ボールの表面は、滑りやすいです。これは、床やベッドに敷いたときに、動いてしまったり、転んだりする危険があります。プラスチック段ボールの表面を滑りにくくするには、以下のような方法があります。
    • プラスチック段ボールの表面に、滑り止めのシートやマットを貼る
    • プラスチック段ボールの表面に、滑り止めのスプレーを吹きかける
    • プラスチック段ボールの表面に、滑り止めのテープやシールを貼る
  • プラスチック段ボールの耐久性や衛生性を保つ方法:プラスチック段ボールは、耐久性や強度が高いですが、長く使うと、汚れたり、傷んだりする可能性があります。プラスチック段ボールの耐久性や衛生性を保つには、以下のような方法があります。
    • プラスチック段ボールの表面に、防水や防汚の加工を施す
    • プラスチック段ボールの表面に、カバーやシーツをかける
    • プラスチック段ボールの表面を、定期的に拭いたり、洗ったりする
  • プラスチック段ボールの処分方法:プラスチック段ボールは、リサイクル可能な素材ですが、そのまま捨てると環境に悪影響を与えます。プラスチック段ボールを処分するには、以下のような方法があります。
    • プラスチック段ボールを切って、小さくする
    • プラスチック段ボールをリサイクルボックスに入れる
    • プラスチック段ボールを回収してくれる業者に依頼する

プラスチック段ボールで作る断熱ボックスの作り方

出典:Amazon

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作ると、どのような効果があるのでしょうか?プラスチック段ボールで断熱ボックスを作ると、以下のようなメリットがあります。

  • 食品や飲料の保温や冷蔵に利用する:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作って、食品や飲料を入れると、温度を保つことができます。これにより、冷蔵庫や電子レンジの使用を減らすことができます。食品や飲料の鮮度や味を保つことができます。
  • 災害時の非常用品として活用する:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作って、非常用品を入れると、災害時に役立ちます。例えば、水や食料、薬品、衣類などを入れておくと、停電や断水の際にも安心です。プラスチック段ボールは、軽くて丈夫なので、持ち運びや保管も便利です。
  • 空間を有効に使う:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作って、収納やディスプレイに利用すると、空間を有効に使うことができます。プラスチック段ボールは、色や形を自由に選べるので、インテリアに合わせることができます。プラスチック段ボールで断熱ボックスを作ると、オリジナルでおしゃれな空間を作ることができます。

断熱ボックスを作るのに必要なモノ

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作るには、以下のような材料や道具が必要です。

  • プラスチック段ボール:ボックスのサイズに合わせて、必要な枚数を用意します。厚みや色はお好みで選びます。
  • ビニール:プラスチック段ボールの表面を覆うために、必要な分だけ用意します。ビニールは、熱を透過しにくい効果があります。
  • 接着剤やテープ:プラスチック段ボールとビニールを貼り合わせるために、必要な分だけ用意します。
  • ハサミやカッター:プラスチック段ボールを切るために、必要な分だけ用意します。
  • ベルクロやボタン:ボックスの蓋を開閉するために、必要な分だけ用意します。
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

プラスチック段ボールを使った断熱ボックスの作り方

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作る手順は、以下のようになります。

  1. プラスチック段ボールをボックスのサイズに合わせて切ります。必要なら、複数枚を重ねて、厚みを増やします。重ねるときには、プラスチック段ボールの波形の部分を合わせるようにして、空気層を作ります。
  2. ビニールをプラスチック段ボールの表面に貼ります。接着剤やテープを使って、しっかりと固定します。ビニールは、プラスチック段ボールのサイズよりも少し大きめに切っておきます。ビニールの端をプラスチック段ボールの裏側に折り込んで、隙間ができないようにします。
  3. プラスチック段ボールを組み立てて、ボックスの形にします。接着剤やテープを使って、プラスチック段ボールの端をつなげます。ボックスの蓋は、ベルクロやボタンで開閉できるようにします。
  4. プラスチック段ボールで断熱ボックスが完成しました。食品や飲料、非常用品、収納やディスプレイなどに使用します。

断熱ボックスの作る際の注意点

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作る際に気をつけるべきことを紹介します。

  • プラスチック段ボールのサイズや形状を工夫する:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作るときには、ボックスのサイズや形状を工夫すると良いです。ボックスのサイズや形状によって、断熱効果や収納効率が変わります。例えば、以下のような工夫があります。
    • ボックスのサイズは、入れるものに合わせて選ぶ:ボックスのサイズが大きすぎると、空気の流れが多くなり、断熱効果が低下します。ボックスのサイズが小さすぎると、入れるものが圧迫され、破損したり、味が変わったりする可能性があります。ボックスのサイズは、入れるものにぴったり合うように選ぶと良いです。
    • ボックスの形状は、角が丸い方が良い:ボックスの形状が角ばっていると、角の部分から熱が逃げやすくなります。ボックスの形状が角が丸いと、熱の逃げる面積が少なくなり、断熱効果が高まります。ボックスの形状は、角が丸い方が良いです。
  • プラスチック段ボールの結合や補強の方法を工夫する:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作るときには、プラスチック段ボールの結合や補強の方法を工夫すると良いです。プラスチック段ボールの結合や補強の方法によって、ボックスの強度や耐久性が変わります。例えば、以下のような工夫があります。
    • プラスチック段ボールの端を重ねて接着する:プラスチック段ボールの端を重ねて接着すると、ボックスの強度が高まります。重ねるときには、プラスチック段ボールの波形の部分を合わせるようにして、空気層を作ります。接着剤やテープを使って、しっかりと固定します。
    • プラスチック段ボールの角に補強材をつける:プラスチック段ボールの角に補強材をつけると、ボックスの耐久性が高まります。補強材には、木材や金属などの硬い素材を使います。補強材をプラスチック段ボールに接着剤やテープで貼り付けます。
  • プラスチック段ボールの防水や防火の方法を工夫する:プラスチック段ボールで断熱ボックスを作るときには、プラスチック段ボールの防水や防火の方法を工夫すると良いです。プラスチック段ボールは、水や火に弱いです。水や火に触れると、変形したり、溶けたり、燃えたりする可能性があります。プラスチック段ボールの防水や防火の方法には、以下のようなものがあります。
    • プラスチック段ボールの表面に防水や防火の加工を施す:プラスチック段ボールの表面に防水や防火の加工を施すと、水や火に強くなります。防水や防火の加工には、スプレーや塗料などの専用の製品を使います。プラスチック段ボールの表面に均一に塗ります。
    • プラスチック段ボールの表面に防水や防火の素材を貼る:プラスチック段ボールの表面に防水や防火の素材を貼ると、水や火に強くなります。防水や防火の素材には、アルミホイルやビニールなどの金属やプラスチックの素材を使います。プラスチック段ボールの表面に接着剤やテープで貼り付けます。

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作ると、食品や飲料の保温や冷蔵に利用したり、災害時の非常用品として活用したり、空間を有効に使ったりすることができます。プラスチック段ボールは、断熱性能が高く、軽くて丈夫で安価な素材です。プラスチック段ボールのサイズや形状、表面の処理、結合や補強、防水や防火などを工夫すると、さらに断熱効果や耐久性を高めることができます。

プラスチック段ボールで断熱ボックスを作って、冬の寒さを乗り切りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次