バイクのメンテに必須「グリースB」レビューと代用品

先日バイクのクラッチ・ブレーキレバーを交換しました。

レバーを固定するボルト・ナットにはグリスが塗られているため、取り外した際は再度グリスアップを行う必要があります。グリスを塗らないままだと、レバーやボルトが摩耗してしまいます。

目次

YAMAHA・グリースB

今回購入したグリスが「YAMAHA・グリースB」という商品。

ネットで色々調べてみて評価が高かったので購入することにしました。

【YAMAHA・グリースB】
耐水・耐熱・耐漏れ性、せん断安定性に優れた万能タイプのグリス

商品名:グリースB
メーカー:YAMAHA
内容量:150グラム
価格:税込1320円(税抜1200円)

今回使用するアイテム

使用できる場所

  • ステアリングベアリング
  • スタンド軸部
  • ペダル軸
  • レバー類軸部
  • フートレスト可倒軸部
  • オイルシールリップ部
  • Oリング などなど

ブレーキ・クラッチレバー軸部のグリスアップ

ブレーキレバーの可動部

今回はクラッチレバー・ブレーキレバーを交換するため、レバーを固定しているボルト・ナットを取り外しました。

レバーやボルトなど可動して部品同士が接触する部位にはグリスが塗られています。グリスが塗られていないと、滑りが悪くなり操作性が悪くなるだけでなく、部品の摩耗にもつながります。グリスは重要な役割をしています。

レバーを固定しているボルト・ナット

ボルトを一度取り外したら確実にグリスが減りますし、異物が付着している可能性がありますので、グリスアップを行いましょう。グリスアップの方法は、パーツクリーナーで洗浄し、新しいグリスを塗布するだけOK。

取り外しをしないにしても、バイクに乗るたびにグリスは少しずつ確実に減っていきます。雨や風にさらされて徐々に無くなっていくものですから、定期的に分解・グリスアップすることで寿命を延ばすことが可能です。

取り外しをしない場合は、スプレータイプのグリスもありますので、そちらを使ってみるのも良いでしょう。しかし、分解して清掃・グリスアップするに越したことはないです。

今回登場したアイテム

大量に塗るのではなく定期的に

グリスはだんだん減っていくものですから、大量に塗ってしまいがちです。

しかし、1度に大量に塗ったとしても周りにはみ出したり、握る部分にグリスが垂れてくる可能性があります。また、塗りすぎによって床面に垂れて滑る可能性もあります。

1度に沢山塗るよりも、定期的に適量(垂れない程度)にグリスを塗りましょう

YAMAHA・グリースBの代用品

今回紹介したグリスは「YAMAHAのグリースB」という商品です。

この商品はバイク用品店やネット通販、YAMAHAオンラインショップで入手できます。しかし、店頭でこの商品が売られているお店は少ないように感じます。(ほぼ見たことがない)

グリースBがおすすめですが、他の商品でも代用可能です。

グリスにも色々種類があります。(万能グリス・シリコングリス・モリブデングリスなど…)まずは用意しておきたいのが万能グリスです。その名の通り万能なもので、部位を選ばず色々な場面で使用することが出来ます。

また、万能グリスはホームセンターやバイク用品店でも比較的簡単に入手できます。

今回紹介したグリースBも万能グリスになります。グリースBが入手できない場合は、他メーカーの万能グリスを購入すれば大丈夫です。YAMAHA・グリースBの代用としてお勧めなのがデイトナの万能グリスです。

ネットで購入できる”万能グリス”

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる