【Amazon BLACK FRIDAY】毎日ビックサプライズセール!(12月2日木曜日23時59分まで)

ワコーズ・バリアスコートの使い方と魅力!愛車に試してみた感想と評価

皆さんこんにちは。HIMAJINです。

みなさんは車の洗車をどれくらいの頻度で行っていますか?

 

洗車も大事ですが、愛車の輝きを保つためにはコーティングが重要になります。

コーティングを専門に行っているプロのお店(例:KeePer)に頼むのもいいのですが、どうしても費用がかかります。

そこで自分で車のコーティングをすることで、費用も安く済みますし、暇な時間でやることもできます。

 

今回ご紹介するコーティング剤「WAKO’Sバリアスコート」は、スプレーを吹きかけてふき取るのみなので、コーティング初心者でも安心!

私が愛用している「WAKO’Sバリアスコート」の使い方から魅力までお伝えしていこうと思います。

目次

WAKO’Sバリアスコートとは?

WAKO’S(ワコーズ)バリアスコートは「和光ケミカル」が販売している、カーコーティング剤です。カーコーティング剤を、車の塗装面に塗布することにより、艶のある被膜を作って、雨や日差しから塗装面を守るものです。

コーティングを施すことにより、多少車が汚れてしまっても、水洗いをするだけで簡単に汚れを落とせて、艶も保つことが出来るのがメリットです。

コーティング剤の性質

WAKO’Sバリアスコートの紹介をする前に、コーティング剤の性質についてざっくり説明をしていこうと思います。

今までは、車の艶を出すために”ワックス”が多く使われてきましたが、最近だとワックスよりも簡単に施工が出来る”コーティング剤”が人気になっています。

コーティング剤の性質は大きく分けて「撥水性」と「親水性」の2種類あります。

撥水性の特徴

撥水性は雨などで車体に水がかかった時、水玉になります。

水玉になることで、コロコロと車のボディから転がり落ちるのが特徴で、コーティングによってボディが艶々になるのが特徴です。

しかし転がり落ちずにボディに乗っかったままの状態になると、水玉が乾燥して水アカになってしまうのが難点です。

親水性の特徴

親水性のコーティング剤を施すとこで、車のボディと水がなじみやすくなります。

撥水性の水玉になるのとは異なり、川のように水が流れ落ちてくれるので、ボディに水が残りにくいのが特徴です。

さらに、汚れが付着している場合は、汚れと一緒に流れ落ちてくれるので、セルフクリーニング効果があるのも特徴です。

ボディの艶という点では、撥水性の方が優れている感じがします。

WAKO’Sバリアスコートの特徴

WAKO’Sバリアスコートは、新開発”Wハイブリッドポリマー”により、樹脂・塗装・金属等に対して、洗浄および保護艶出しができる多用途コーティング剤です。

Wハイブリッドポリマーとは、高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンを組み合わせていることが由来です。

ガラスのような輝きが6ヶ月!

Wハイブリッドポリマー(高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジン)がガラスのようなクリスタルな輝きを実現、深みのある艶を形成します。

ハイブリッドコーティングの持続力は、最長6ヶ月とのことです! コーティング後のメンテナンスも非常に簡単です。汚れが付着しても、水洗いだけで光沢を保持できます。

樹脂部分やホイールにも使える!

WAKO’Sバリアスコートは、車のボディ以外にもホイールや樹脂のパーツにも使用できますので、非常に使い勝手がイイです!

使用する場所によってコーティング剤を別に用意する必要がないので、WAKOSバリアスコート1本あれば、コーティングには困りません。

スプレーで塗布するだけの簡単施工!

水洗いで洗車したあとに、スプレーで塗布してふき取るだけなので、非常に簡単です。

今までコーティングを自分でやったことがない人でも、安心してコーティングすることが出来ます。

重ね塗りをしなくても、十分に艶が出ますので、時間が掛からずに施工できます。

WAKOSバリスコートの使い方

  1. 水洗い洗車で、ボディに付着した汚れやほこりを除去する
  2. WAKOSバリアスコートをよく振る!
  3. 適量をボディに約30cm離して直接スプレー塗布する
  4. 乾く前にに専用クロスまたはマイクロファイバーなどでタテ・ヨコにまんべんなくすり込ようにして拭き上げる

車のボディに汚れやほこりが付いていると、効果が薄れたり拭き上げの時に傷をつけてしまいますので、あらかじめ落としておきましょう。

ムラが出来てしまったら

拭き取るのが遅かったり、スプレーで塗布するときに他の場所に飛び散ってムラになってしまったら、すこし濡らしたクロスやマイクロファイバータオルで拭き取ればOKです。

WAKO’Sバリアスコートを使用してみて

初めてWAKO’Sバリアスコートを使用したのが半年前です。

1度コーティングして以来、見た目の輝きはほぼ劣っていません!

ちょっと汚れてきたり、鳥糞をかけられたときは、濡らしたクロスで拭き取っているだけです。

鏡のようにピカピカの状態を確かに半年はキープできています!

まとめ

WAKO’Sバリアスコートは、コーティング初心者でも簡単にできる「スプレーで塗布するだけ」の簡単なコーティング剤です。他のコーティング剤よりも、艶と輝きが優れていると感じます。

綺麗にコーティングを施すためのコツは、コーティングする前にボディの汚れをしっかり落としておくのがポイントです。コーティングを自分でやったことがない人、コーティング剤は何を使えばいいか迷っている人はぜひ「WAKO’Sバリアスコート」を試してみて下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる