【2022年】ラ・ムーの198円激安”満福のり弁当”レビュー。 物価高で量と質は変化したか?

激安スーパーでおなじみの「LAMU (ラ・ムー)」

西日本(関西・中国・四国地方)を中心に添付を展開いており、大黒物産株式会社が運営する複合型メガディスカウントランドです。他のスーパーマーケットと比較すると、かなり安いことで有名です。

今回の記事は、激安スーパーLAMUで販売されている「満福のり弁当」について。実は約1年前にも、全く同じ「満腹のり弁当」を記事にしたことがあります。前回の記事を以下に紹介します。

このお弁当は非常にコストパフォーマンスが良いと紹介しました。昨今は物価高で色々なモノが値上がりしています。この物価高でその中身はどのように変化したかチェックしていきます。ちなみに同じ店舗で購入しています。

目次

“満福のり弁当”レビュー

ここから色々レビューしていきます。

このお弁当の一番の魅力は価格で、なんと税込198円という破格。

大きさはいたって普通で、他のスーパーであれば300円~400円程度で販売されているサイズ感です。ちなみにこのお弁当は毎日販売されており、どの時間帯にいっても大抵並んでいます。ラ・ムーの弁当と言えばこれなんですかね?

価格・パッケージ比較

物価高の影響を受けることなく、価格は去年も今年も198円(税込)で同じです。

パッケージも全く変わることなく、包装や使われているパックも全く同じです。激安だからパッケージや容器が雑ということなく、見た目はかなり良いです。ただ、中身が見えないのでボリュームは分かりません。

具材比較

中身も変化なしです。

変わったとしても、ちくわのサイズが今年は細長くなったくらいです。あと色がちょっと茶色に…? これはそのときに使われたちくわのサイズだったり、調理で変わるものですから変化なしと考えてよいでしょう。

お米のボリューム

お米の量も変化なし!!

某コンビニでよく見かける”底上げ”なんて、ラ・ムーの満福のり弁当では考えられません。ご飯の上には海苔とかつおぶしが乗ってますし、ボリュームとクオリティは全く変わっていません。味についてですが、1年前の記憶があまりないので比較できませんが、普通に美味しく頂けたので大満足、そして満福です。

まとめ

満福のり弁当は1年前と全く変わらない味と量で非常に満足できました。物価高の影響はあるはずですが、全く変わらず販売できる大黒物産(株)さんの企業努力のおかげでしょう。

このお弁当が気になる方はぜひお近くのラ・ムーを訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる