【DIY】アクリル板でトミカ収納ケースを作製!かっこよくトミカを飾る!

もう立派な大人ですが、ついついトミカを集めてしまいます…

ですが飾る場所もなく、箱にしまいっぱなしになっていました。

 

うまく飾る方法はないかな…

 

よくお店ではトミカがショーケースに飾られているのを見ます。(↓こんなの)

 

 

こういうのが家にあったらきれいに飾れるのになぁ…

⇒ならば自分で作ってしまおう。

 

ということで、トミカの収納ケースをアクリル板で作製することにしました。

✅アクリル板でDIYするのは初めてですので、今後もいろいろ作ってうまくなろうと思います。

 

目次

今回収納するトミカたち

 

 

💡既に完成品が写っているのは気にしちゃだめ!

今回作製するショーケースに飾りたいのは以下の5台です。

 

・トヨタ 86
・スバル BRZ
・トヨタ86 GRMN
・スバル BRZ(2019東京モーターショー開催記念)
・トヨタ 86(ネッツ兵庫86BS)

 

今回はアクリル板DIY初めてなので、まずは5台収納できる小さめのショーケース的なものを作ることにしました。

 

準備するもの

 

初めてのアクリル板DIYですので、これくらいあれば作れるだろうと適当に購入しました。

近くのホームセンターで購入してきました。

 

 

✔ アクリサンデーEX板 (320mm×545mm 厚さ2mm)
✔ スケール
✔ マッキー
✔ アクリル樹脂用接着剤
✔ アクリルサンデーカッター
✔ カッターマット

以上の6点を準備しました。お値段は5000円くらいでした…💰

意外にアクリル板や工具が高くて痛い出費でしたが、次回からも使えると考えればヨシ。

 

作製手順

 

ではここからトミカ収納ケースの作製に入ります。

DIY初心者なので邪道なやり方かもしれませんがご了承ください…

 

収納ケースの図面作成

 

物を作るためにはまず「図面」がなくてはいけません。

寸法を考えながら製図していきます。今回描いた図面はこんな感じです。

 

 

5台収納するので、1段あたり高さ36mm×5段になるように作製します。

 

今回収納ケースを作製するにあたり、9枚のパーツに切り分けて接着して組み立てます。

板厚も考慮してパーツを作る必要があります。

 

・192mm×84mm:1枚
・192mm×42mm:2枚
・80mm×40mm:6枚

アクリル板にけがきする

 

アクリル板にシャーペンとかマッキーでカットする大きさにけがきしていきます。

✅けがきを丁寧にやらないと、きれいに出来ません!

この段階で線がテキトーだったり、寸法がずれていると残念な作品が出来上がります。

 

 

アクリル板をカットする

 

アクリルカッターでアクリル板を切り分けます。アクリルカッターは紙のように一気に切るものではなく、少しずつ表面を削っていき溝を作っていきます。ある程度溝が出来たら手で割ります。

ここが一番の難所?だと感じました。板を奇麗にまっすぐ切り分けるのが意外と難しいのです。

 

 

スケールとか定規を使ってアクリル板にまっすぐ溝を作っていきます。

最初は力を入れすぎると、曲がったりスカを食らって自分を傷つける可能性があるので注意!

最初のうちは優しく力を抜いて、溝を作っていきます。

 

 

ある程度溝が出来てきたらスケールなしでもOKです。

少しずつ力を入れていき、アクリル板を削っていきます。板厚の3分の1くらい溝が出来たら手で割って切り分けます。

 

 

なんとか9枚の板に切り分けることが出来ました。初めてにしてはうまくいった方でしょうか。

 

カットした断面を仕上げる

 

 

アクリルカッターのつけね部分で断面を削ることで、切り口が滑らかになります。髭のようなバリがあると、見栄えが悪いので削り落としましょう。

✅紙やすりや研磨剤を使えば、よりきれいに仕上がりますよ!

 

接着して組み立てる

 

 

セロハンテープや養生テープなどで、ある程度組み立てて仮止めします。接着したら剥がしますので、剥がしやすいもので仮止めしましょう。

 

 

そして、接着剤を板と板のつなぎ目に垂らしていきます。

アクリルサンデー接着剤には注射器のようなものが付属していますので、こちらで流し込んでいきます。筆でも塗布できます。接着剤は少量垂らすだけでOKです。

 

接着剤が肌に触れると、肌荒れを起こす可能性があります。接着剤を使用する場合はゴム手袋などを装着することをおすすめします。
接着剤を塗ってから5分程度で接着できますが、十分な強度が出るまでは1日くらい乾燥させた方がいいとのことです。

十分乾燥させたら完成!

 

 

接着剤塗布後、1日くらい乾燥させれば十分な強度が発揮されます。

これで完成です!

 

想像していたよりもきれいに出来ました!

 

アクリルはすごく透明感があって丈夫ですので、ミニカーを飾るのにぴったり!

トミカたちがすごく輝いて見えます!

 

まとめ

 

今回はアクリル板でトミカの収納ケースを作製しました。予想していたよりも、すごくきれいに作ることが出来たので満足!今後はもっと沢山のトミカを収納できるケースを作れたらいいな…と思ってます。

 

アクリル板でものを作る時のポイントは以下の2点です

✔ けがきは寸法通りに丁寧に行う

✔ カットする際に、他の場所を傷つけないようにする

 

最初の手順が非常に肝心です!アクリル板は透明感が命ですので、傷を付けたり、組み立てた時に隙間が出来ないようにするのがポイントです!

 

みなさんも時間があったら作ってみて下さい!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる