アルコールで拭いてもひび割れしにくいパーテーションは?【ウイルス対策】

皆さんこんにちは。アクリル愛好家?のHIMAJINです。

いよいよ冬がきました…ウイルスが流行し始める季節になってしまいました。皆さんの体の調子はいかがでしょうか?

 

さて、おかげさまでこのブログも繁盛し始めていて、アクリル板を使ったDIY記事などが人気です。

平日だと平均して100人近い方がこのブログに訪問してきてくれています!

 

訪問していただきありがとうございます!

 

中でも特にアクセスが多いのが「アクリル板のクラック(ひび割れ)」に関する記事です。

 

アクリル製品にアルコールやシンナーをかけてしまうと、割れを起こしてしまいます。除菌する際にアルコールを使うのが定番となっていますが、アクリル製品にとってアルコール・シンナー系の液体は天敵なのです。

 

アクリルはどんな場所で使われている?

 

 

アクリルはいろいろなものに使われています。

代表的な例を挙げるとコレクションケースや、収納用品で使用されています。水族館の水槽なんかもアクリル製です。アクリルは透明度が高くてガラスよりも衝撃で割れにくい性質があります。

 

アクリル製品はおしゃれに見えるよね!

 

そんな美しいアクリルが割れたり、ひび割れしてしまうと、見た目が台無しに。

 

 

最近では、ウイルス感染・拡大防止のために、アクリル製のパーテーションをよく見かけるようになりました。テーブル・カウンター上にパーテーションを設置することで、飛沫感染を防止する効果があります。

 

飛沫が付着しやすいパーテーションですが、これをアルコールで除菌しようとするとクラック(割れ)が発生する場合があります。

 

 

アルコール消毒できるパーテーションは?

 

アクリル製パーテーションは、アルコール類で拭きとりをするとクラックの原因になってしまいます。ですので、ポリプロピレン製などアクリル以外で作られたパーテーションを使用すれば、アルコール除菌も可能になります。

 

アルコール耐性があるプラスチック素材

 

 

プラスチック素材はいろいろあります。代表的なものを挙げてみます。

 

・PE(ポリエチレン)
・PP(ポリプロピレン)
・PVC(ポリ塩化ビニル)
・PET(ポリエチレンテレフタレート)
・PS(ポリスチレン)

 

この中でアルコール耐性があるプラスチック素材は、PE(ポリエチレン)とPP(ポリプロピレン)になります。

 

ポリエチレンとポリプロピレンはアルコール消毒液の容器ボトルとしても使われていますので、十分にアルコール耐性があることが分かります。

 

ポリプロピレン製パーテーション

 

 

ポリプロピレン製パーテーションは、アクリルほど強度や透明度は高くありません。しかしアルコール、エタノール耐性があるので除菌を行いやすいです。

 

日々のメンテナンスがしやすいね!

 

メーカー(ブランド):XYDM

商品名:卓上パーテーション、飛沫防止パネル

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました