【Amazon BLACK FRIDAY】毎日ビックサプライズセール!(12月2日木曜日23時59分まで)

【アクリル拭き掃除】身近にあるものでアクリルの拭き跡を消す方法

皆さんこんにちは。HIMAJINです。

今回もアクリルに関する記事を書いて参ります。

 

このブログに訪れる人は、どんなキーワードで検索し流入しているか調べてみました。Googleサーチコンソールというサイトで解析してみます。

 

☆先週の当ブログ検索流入キーワードTOP3☆

  • アクリル板 拭き跡
  • アクリル板 ひび割れ
  • アクリル ヒビ 消す

※期間:2021年2月7日~2021年2月13日

 

 

サーチコンソールはブログのネタを探すのに以外に便利なんだよな!

 

ということで…「アクリル板 拭き跡」の表示回数とクリック数が多かったので、今回はアクリル板の拭き跡に関する記事です。

 

目次

アクリル板の拭き掃除のポイント

 

 

以前にもアクリルの拭き掃除に関する記事を書きました。

マイクロファイバークロスやハンディモップを使って、表面に付着したホコリや汚れを落としていくのが一番効果的です。

 

アクリルはアルコールに弱い!水や中性洗剤で拭くのがコツ!

 

このブログで何度も書いていますが、アクリルはとにかくアルコールやシンナーに弱く、ひび割れの原因になります。割れてしまうと修理不可能!気を付けましょう。

 

以前書いた記事のリンクを以下に貼っておきます。気になる方はぜひご覧ください。

 

 

水拭きや洗剤を使って本格的に掃除をするのが一番ですが、結構大がかりな作業になってしまう場合もあります。例えばオフィスや食堂、フードコートなんかでは、いくつものアクリルパーテーションが設置されています。

 

掃除したいけど、そんな時間がないんだよな…

 

時間がないけど掃除はしなきゃいけない…そんな時はもっと簡単に済ませておきたいところです。日々のメンテナンス、軽い掃除をしてあげれば、綺麗な状態を維持することができます。

 

もっと簡単に!アクリルの拭き掃除

 

 

 

毎日コツコツとメンテナンスをしてあげることで、汚れがひどくなることもないですし、大がかりな掃除をしなくても良くなります。

 

特に手垢や指紋は油分が含まれていますので、時間が経過していくうちに白く目立つようになります。そして取れにくい頑固汚れに進化してしまいます。

 

マイクロファイバークロスで乾拭き

 

 

このブログでよく登場するマイクロファイバークロス。車の洗車から家中の掃除などなんでも使えてしまう便利アイテムです。

 

マイクロファイバークロスで乾拭きするだけでも、アクリル表面の汚れだったりホコリを拭きとることが可能です。繊維が細かいですので、アクリルを傷つけにくいのもメリット。

 

100円ショップやホームセンター、カー用品店などいろいろな場所で売っていますので、入手しやすいアイテムです。アクリルの日々の拭き掃除をする際に、ぜひ持っておきたいアイテムです。

 

マイクロファイバークロスのココがいい!

・繊維が細かくアクリルを傷つけにくい
・乾拭きするだけでも効率よく掃除できる
・入手しやすい

 

拭き跡除去には「クリーニングクロス」

 

 

アクリル板を掃除するときに使えるもう一つアイテムは「クリーニングクロス」です。

パソコンやテレビ、メガネのレンズなど、液晶パネルを掃除するときによく使うやつです。画面拭きや眼鏡拭きとも言いますね。

 

クリーニングクロスはマイクロファイバークロスよりも更に繊維が細かいですので、傷がつきにくいですし、拭き跡が残りにくいのがポイントです。

 

確かにクリーニングクロスで画面を拭くと、めっちゃ綺麗になるよね!

 

また、マイクロファイバークロスで水拭きした際に、拭き跡(水垢)が残ってしまう場合もあります。この拭き跡を除去するときにもクリーニングクロスが便利!

 

アクリルの拭き掃除をした後、最後の仕上げとしてクリーニングクロスを使えばとても綺麗になります。こちらも乾拭きするだけでOKです。

 

マイクロファイバークロスのココがいい!

・傷がより付きにくい
・水垢などの拭き跡除去ができる

掃除した後は”静電気対策”!

 

 

アクリルは静電気を帯びやすいです。

小学生のころ下敷きを髪の毛にこすりつけて持ち上げると、髪の毛が下敷きに引きつられて持ち上がる…という遊びをした人も多いはず?

 

アクリルとかプラスチックは静電気が帯びやすいですので、空気中のホコリをどんどん吸着してしまいます。そこで、掃除した後もうひと手間加えることで、静電気を帯びにくくできます。

 

洗剤やリンスを使う

 

 

リンスやコンディショナーや洗剤を水で薄め、マイクロファイバーなどにしみこませてアクリルを拭きます。

これによって静電気を発生しにくくさせる効果があります。

 

 

静電気防止クリーナーを使う

 

 

プラスチック用の静電気防止クリーナーが発売されています。

アクリサンデーから発売されている「ポリケアF70」という商品です。

 

 

このクリーナーをアクリルに少量塗布して、マイクロファイバーなどでアクリル全体に塗り込むことで、静電気の発生を抑制させます。

 

 

汚い布で拭いてしまうと、せっかく掃除したアクリルがまた汚れてしまいます。なるべく綺麗な布を使用して拭くことをお勧めします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『道に迷うことこそ、道を知ることだ』

道に迷いまくってブログを始めてしまいブログ歴1年、のんびり副業系ブロガーです。ブログの中身とは裏腹に、ドライブ好きのアウトドア派です。

現在『へそくり屋』と『暇つぶしドットコム』の2つのブログを運営中です。ブログについてはまだまだ未熟者です。

この『暇つぶしドットコム』では、お家で出来る暇つぶしを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる