車載動画を撮影するのに必要なアイテムまとめ!旅の思い出を撮影しよう

GoPro

みなさんこんにちは。HIMAJINです。

最近私の趣味になりつつある”車載動画”について書いていこうと思います。私は最近GoProというアクションカメラを購入し、車載動画を頻繁に撮影しています。

 

GoProで動画を撮りながらドライブするの楽しいぞ!

 

小さいころからYouTubeとかニコニコ動画で車載動画をよく見てたのがきっかけで始めたのですが、思いのほか楽しくて毎週末どこかしらにドライブへ出かけています。

 

 

毎日通っている道、休日出かけた時に走った道も、数年後・数十年後には町の様子が少なからず変化していくもの。現在の様子を撮影しておくことは、将来見返したときにいい思い出にもなります。

 

車載動画は車にカメラを固定して撮影するだけで、だれでも簡単に撮影できてしまいます。車載動画を撮ってみたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

というわけで今回は、車載動画を始めるために必要なモノを紹介していこうと思います。ぜひ最後までご覧ください。

 

車載動画を始めるために必要なモノ

 

 

煽り運転対策として、ドライブレコーダーを搭載している車も増えてきていますが、車載動画を撮るのであれば、ドライブレコーダーではなく、動画撮影用のカメラを準備しましょう。

 

ドライブレコーダーは古いデータがどんどん上書きされちゃう!

車載動画を始めるための3つのアイテム

 

 

車載動画を始めるに当たり、以下の3つのアイテムを準備しましょう。もしかするとすでに自宅にあるという人も中にはいるでしょう。

 

  1. カメラ
  2. SDカード もしくは microSDカード
  3. カメラを固定するモノ(三脚、マウントなど)

 

カメラは動画撮影に適したものが良いです。それに合わせて動画を保存するためのSDカードもしくはmicroSDカードと、カメラを固定するための道具が必要になります。

 

車にもよりますが、車内は道路の凹凸やカーブなどで意外と揺れます。ですので手振れ補正機能があるカメラだとより一層綺麗に動画を撮ることが出来ます。とくにスポーツカーは足回りが硬いですので、けっこう揺れます。

 

撮った動画を編集するためのアイテム

 

 

撮影した動画を見たり、編集したりするのも車載動画の魅力の一つ。Youtubeなどの動画サイトにアップすれば多くの人に見てもらえます。

 

  1. パソコンorスマホ
  2. 動画編集ソフト
  3. 動画再生ソフト(たいていのPC、スマホには最初から入ってる)

 

アンドロイドスマホであればmicroSDを差し込むことでスマートフォンに動画を入れてみたり編集することが出来ます。ですがパソコンの方が画面が大きく、編集作業もやりやすいと個人的には思います。

 

動画編集ソフトについては、Windowsに最初から入っている「フォト」や、iOSであれば「iMovie」で簡単な編集を行うことが出来ます。

 

人気Youtuberが利用している「Adobe premire Pro」などを使えば本格的な編集もできます。ですが編集機能が充実しているソフトは有料なものが多いです。

 

まとめ

 

 

今回は車載動画を始めるのに必要なアイテム、そして動画編集・視聴するのに必要なアイテムを紹介してきました。

 

車載動画を始めるのは意外と簡単です。すでに必要なアイテムが家にそろっている人も多いのではないでしょうか。旅行の思い出、ドライブで見た光景を撮影しておけば、後々見返したときに「あの時は楽しかったなぁ…」と思い出がよみがえってきます。

 

貴重な1日、一時の思い出をぜひ動画に残してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました